≪クロスステッチ≫HEAD~Magellanic Cloud~進捗#5

またまたひと月ぶりに進捗報告。

HEADMagellanic Cloud )の作品の進捗記録。

進捗度:165/625


d0370737_23373010.jpeg


このところイライラというか悶々というか、頭が疲れて寝付けない時に針を持つことが多い分、お陰で順調な進み具合です。

1/4くらい出来上がってきたかな。

次に作りたい図案を見つけてしまったので、バランスをとりながら、チクチクすすめたいと思います。



[PR]
# by mushroomgirl | 2018-11-11 01:35 | クロスステッチ | Comments(0)

小江戸川越散歩と七福神めぐり

11月の週末のある日。
お天気もいいし、特に予定もないし、子どもは一日部活だし・・・ということで、急遽思い立って川越に行ってきました。
ちょうど職場のウォーキング月間でもあるので、歩数を稼ぐことも目的の一つとして、人生初の七福神めぐりをしてみることに。
川越に向かう電車の中で七福神のいるお寺をチェックして、JR川越駅を起点にスタートです。

<川越七福神>
毘沙門天(妙善寺)⇒寿老人(天然寺)⇒大黒天(喜多院)⇒恵比須天(成田山)⇒福禄寿神(連馨寺)⇒弁財天(妙昌寺)⇒布袋尊(見立寺)

第一番:毘沙門天
JR川越駅から徒歩5分くらいの場所に毘沙門天が祀られている妙善寺はあります。
住宅街に踏み込んだ場所にある小さなお寺で、注意していないと通り過ぎてしまうかも。
お堂の扉が閉まっているので(でもお賽銭を投げられる隙間は開いている)、隙間からそっと中を覗いてみました。
お堂の下には「さつまいも地蔵」なるものがあり、さすがお芋の街川越です。
なんでも、10月にはさつまいも供養も行われているようです。
d0370737_07081517.jpeg

d0370737_07083463.jpeg


第二番:寿老人
寿老人が祀られている天然寺は、七福神の中では一番外れにあるお寺です。
妙善寺を出て国道16号に向かい、16号沿いに15分ほど歩いていくと、お寺が見えてきます。
その途中には氷川神社もあり、ちょっぴり立ち寄ってみました。(川越氷川神社とはまた別の氷川神社)
とてもこじんまりした神社ですが、説明書きを読んだら平安時代からこの場所にあるとのこと。
城下町として賑わっていたという川越ですが、改めて歴史の長さを感じます。
d0370737_07431103.jpeg

寄り道から戻って天然寺へ。
このあたりで、頭上をブルーインパルスが!そうそう、この日は入間基地の航空祭だったんですね。
思いがけずブルーインパルスを見ることができて、なんだか得した気分です。
そして天然寺に到着。
だいぶ趣のある立派なお寺です。
「一隅を照らす」ここでは好きな言葉も見つけました。(^-^)
d0370737_07433803.jpeg

d0370737_07450359.jpeg

d0370737_07441113.jpeg

d0370737_07443693.jpeg

天然寺を出て次は喜多院に向かいました。
と、この道中で地元に住んでいるというおじさんに「どこ行くの?」と捕まります笑。
七福神めぐりをしていると言うと、地図を取り出してお勧めの回り方を書き込みながら教えてくれた上に、目の前にあった無量寿寺中院も見て行かないとということで、見所を案内してくれて、ついでに仙波東照宮にも寄るようにとのアドバイスをくれて、お別れしましました。
私、この手の親切なおじさんおばさんに出会う率が高い気がします。
d0370737_07475575.jpeg

おじさんが案内してくれた中院の狭山茶発祥の地と、縁起がいいという「鶴と松」です。
800年代に建てられたという由緒あるお寺で、広くて静かで緑が心地良い落ち着いた空間でした。
島崎藤村にゆかりがあるお寺でもあるらしく、島崎藤村の義母のお墓もあるそうです。
d0370737_07453173.jpeg

d0370737_07455186.jpeg

d0370737_07462615.jpeg

d0370737_07465195.jpeg

d0370737_07473584.jpeg

d0370737_07471421.jpeg

中院からすぐ側にある仙波東照宮にも立ち寄ってみました。
川越は学生時代から何度も訪れていますが、中院と仙波東照宮は初めてです。
繁華街から数十分も離れていない場所なのに、なんという静けさ。
街の中にこのような歴史ある静かな場所が点在しているというのは良いですね。
ちなみにこの仙波東照宮は日光、久能山と並ぶ日本三大東照宮のひとつということで、ちゃんと葵紋もあります。
徳川家にゆかりある喜多院の隣というのも納得です。
d0370737_07481637.jpeg

d0370737_07483961.jpeg

d0370737_07485860.jpeg

d0370737_07492714.jpeg
第三番:大黒天
こちらはおなじみ喜多院。
菊祭りと七五三とで大賑わいでした。
喜多院になると、外国人観光客もぐっと増えます。
日本の朱色は、秋の紅葉と青空にとても映える色だと思います。
d0370737_07495712.jpeg

d0370737_07501866.jpeg

d0370737_23291824.jpeg

d0370737_23295640.jpeg

第四番:恵比須天
恵比須天は喜多院のお隣、成田山に祀られています。
とても温かな雰囲気のお堂でした。
が、鐘が自動なのに驚きました。(周囲の人も突然響く鐘の音に驚いてた笑)
人手不足なのかもしれませんが、自動鐘つきというのはあまり良いものではないです、正直なところ。
d0370737_23302758.jpeg

d0370737_23311323.jpeg

d0370737_23314474.jpeg


第五番:福禄寿神
成田山から蔵造りの手前まで進むと、通り沿いに連馨寺があります。
広い敷地の立派なお寺で、脇にあるお団子屋さんが有名らしいです。(お醤油味の素朴な香ばしいお団子でした。)
ここは健康祈願ができるということで、人通りも多い場所にあることもあって、それなりに賑わっていました。
d0370737_23323183.jpeg

第七番:弁財天
連馨寺の次は見立寺の布袋尊・・・というのが案内にあるルートですが、ここで先ほどのおじさんのアドバイスに従って順序変更です。
理由は、弁財天のある妙昌寺は少し外れたところにあるので、最後に回ると駅まで寂しく戻らなければならなくてつまらないからと。
確かに第六番の見立寺は菓子屋横丁のすぐ横にあって、帰り道が楽しくなります。
ということで弁財天。
本堂の脇の坂道を下りきったところに祀られています。
d0370737_23333950.jpeg

d0370737_23340182.jpeg

第六番:布袋尊
最後に見立寺へ。
布袋様、いいお顔してました。
お堂の中の仏像も小さいけれど凛として綺麗でした。
d0370737_23344171.jpeg

d0370737_23352055.jpeg

d0370737_23354838.jpeg


これで七福神めぐりは終了です。
今回は3つのお寺でお参りをして御朱印もいただきました。
d0370737_23363089.jpeg

d0370737_23364579.jpeg

d0370737_23370476.jpeg


菓子屋横丁に抜け、名物の麩菓子をお土産に買い、日が暮れてきたので駅に戻ります。
小江戸川越、昔から観光スポットとして人気ではありましたが、最近の賑わいは驚くほど。
菓子屋横丁も蔵造りも、道を埋め尽くすくらいの観光客でびっくりです。
d0370737_23361456.jpeg

川越駅に向かう途中、小江戸蔵里でいつも通りお土産を見てみようと立ち寄ったら、なんと「ききざけ処」なんていうものができていました!
埼玉は実は日本酒の生産量が日本で4位なんですね。
県内35の酒蔵が集まって、試飲ができるようになっています。
ついつい試してしまい、ついでにお買い上げ。ここ、オススメです。
d0370737_01143346.jpeg


d0370737_01144925.jpeg


d0370737_01155075.jpeg


ほんの4時間ほどのお散歩でしたが、新たな発見もあって大満足の川越でした。
鎌倉ほどではありませんが、それでもたくさんのお寺や古い街並みが楽しめて、川越お気に入りです。
そんなことを言っていたらそろそろ鎌倉にも行きたくなってきたので、それはまた近いうちに。

[PR]
# by mushroomgirl | 2018-11-11 01:27 | お出かけ | Comments(0)

Versant受験記録

久しぶりに英語の話題。
少し前に日経新聞からのメールでVersantを1回分の受験料で2回受けられるというキャンペーンの案内が来ました。
以前先輩からTOEICもいいけどVersantを受けた方が良いと勧められたこともあったので、ちょうど良いきっかけかと思って申込み。(こういうチャンスと思いつきは逃してはいけない。)
申し込みをすると、2日後くらいにIDが送られてきました。
アプリをインストールして、早速1回目にチャレンジです。
前に受けたことがあるRarejobのスピーキングテストとは違って、アプリに問題をダウンロード→オフラインモードに切り替え→テストを受ける、という初めての流れです。
基本的には画面の指示に従って進んでいけば良いのですが、なにせ初めてなので英文説明に戸惑ったり…笑

問題は全部でA〜Fの6パートありました。
最初に名前と出身地を言って、そこからは指示の通りに英文を読み上げたり、読み上げられた英文をリピートしたり、質問に答えたり、ストーリーを聞いて要約したり、考えを述べたりします。

これだけ見るとさほど難しそうではありませんが…難しかったです。(T-T)
まあ、初めの英文読み上げは流石に全部悩まずに読めましたが、結果を見るとFluencyがダメっぽい。
英文リピートは意味は分かるのに、覚えて繰り返すのがダメ。
質問に答えるのも、問題が進むにつれて聞き取れなくなってきてダメ。
ストーリーの要約も意味は理解できているのに、名前とかシチュエーションが出てこなくてダメ。
メモは禁止なので、とにかく記憶力に頼ろうとするとこんなにもダメダメなのかと落ち込みました。

さて、結果はというと、1回目のスコアは40。
日本人の平均スコアは38というので、なんとかクリアした感じです。
嫌になって3週間ほど放置した後、2回目を受けたらスコアは43。
問題の形式が分かったから微妙に伸びたという感じでしょうか。
TOEICのスコアに換算すると647-690ということで、ReadingとListeningよりもマイナス100-150くらいのレベル感なのだなと思いました。

↓このようなスコアレポートが出てきます。(一部)
d0370737_22212883.jpeg

これ、メモをとって良ければもう僅かに伸びるんじゃないかと思ってしまいますが、そうは言ってもレベル低くてまだまだ先は長いです。
スムーズに言いたいことが出てこないので、聞いて考えて話す訓練が必要だと思い、最近はRarejobのレッスンの受け方も微妙に変えてみました。
Daily News Articleのレッスンを受ける際、これまでは事前に新しい単語だけチェックしてぶっつけ本番でレッスンを受けていましたが、通勤途中に音声だけ聞いて頭の中で要約をしてから本文を読んで確認するスタイルに変更。
少しでも初めて聞いたことを分かる範囲で理解して話すことができるようになれば…と淡い期待を抱いています。

まあ、結果にはションボリしましたが、モチベーション低下をリセットするには良い機会だったということで、たまにはこういう刺激を与えていこうと思います。
以上、Versant記録でした。

[PR]
# by mushroomgirl | 2018-10-29 21:57 | 英語を学ぶ | Comments(0)

『僕とシッポと神楽坂』で神楽坂散歩

本日は嵐がらみのお散歩話。
嵐大ファンの娘が、今クールやっている『僕とシッポと神楽坂』 にちなんでテレビ朝日に行きたいと言い出し、どうせ行くならテレビ朝日じゃなくてドラマの舞台になっている神楽坂に行こうよという流れです。
私自身は正直嵐にはあまり興味はありませんが、神楽坂はたまにぶらりと立ち寄ったり飲みに行ったりする好きなエリアのひとつなので、案内係です。

まずは昨日の夜、どんな場所がドラマに登場するのか第1話を見て予習です。
ふむふむ、犬や猫などの動物が出てくるドラマ(相葉くんは獣医さんですからね)なので、ほんわかしていてなかなか面白い。
ネットで調べたりもしながら、ロケに使われた場所をチェックしていきます。
d0370737_20291556.jpeg

そして本日は飯田橋から出発。
神楽坂下から入り、初めに別亭鳥茶屋を目指します。
細い路地の階段の途中にありました。
実はここ、以前ニノが別のドラマだか映画だかでロケに使用したということで、娘のテンションが上がります。(私はまったく分からない・・・笑)
d0370737_20105030.jpeg

d0370737_20111869.jpeg

d0370737_20114695.jpeg

外国人観光客と一緒に面白そうなスポットの写真を撮ったりしながら、再び早稲田通りに戻ったりして、目的があるようなないようなお散歩を楽しみます。
とても暖かかったことと、ウォーキング月間なので可能な限り歩きたいのとで、なかなか良い過ごし方。
d0370737_20120755.jpeg

d0370737_20123393.jpeg

続いては、鎮護山善國寺。日蓮宗のお寺で、新宿山ノ手七福神の毘沙門天様も祀られています。
安土桃山時代に馬喰町に創建され、最終的に現在の地に移転されてきたのが1793年と言いますから、移転されてからも既に220年以上この地を見守ってきた由緒正しいお寺です。
絵馬は嵐ファンのメッセージばかりで、若干驚きましたが。

d0370737_20125899.jpeg
d0370737_20132422.jpeg

d0370737_20134274.jpeg

d0370737_20401529.jpeg

そして、善國寺の向かい側の人ひとり通るのがやっとな路地に入り込み、ドラマスポットを目指します。
石畳がいい雰囲気を醸し出していて、個人的にはとても好き。
隠れ家的なBarや小料理屋さんがぽつぽつと並んでいるのも気になります。
まあ、こちらはまた今度大人の夜を。
どうやらこのあたりも以前ニノがロケをしたとかで、再び娘のテンションが上がります。
d0370737_20141290.jpeg

d0370737_20144074.jpeg

d0370737_20150642.jpeg

d0370737_20152786.jpeg

d0370737_20160671.jpeg
最後に向かったのは赤城神社。
こちらも1300年ごろから祀られているという、大変歴史のある神社。
徳川時代には日枝神社、神田明神と合わせて江戸の三社と呼ばれていたとか。
とても近代的な本殿はそこまでの歴史を感じさせませんが、この街の古さからすると、長い間人々を見守ってきたのだろうということが伝わってきます。
赤城姫命がお祀りされていることから、都内では縁結びの神様としても有名らしいですね。
予想を超える参拝客で驚きました。
d0370737_20163227.jpeg

d0370737_20165623.jpeg

d0370737_20172024.jpeg

d0370737_20173990.jpeg

d0370737_20183230.jpeg


d0370737_20184981.jpeg

d0370737_20410492.jpeg

お参りをして裏手に回ると、八耳神社、出世稲荷神社、東照宮があります。
こちらは人も少なく住宅街の中にひっそりと佇んでいて、何となくホッとする雰囲気があります。
神社脇の階段もドラマに出てくるということで、一応撮影しておきました。(^-^)
d0370737_20191233.jpeg

d0370737_20193401.jpeg

ここまででひと通り神楽坂のスポット巡りは終了。
途中、お目当てにしていた離島キッチンでランチを取ろうと思ったら残念ながら準備中で、当然ながら神楽坂茶寮本店は行列で、とりあえず第二の目的地六本木ヒルズに向かいます。
六本木周辺に向かうのは、直線距離なら近いのに地下鉄だと遠いという若干の不便さ。
神楽坂から2回乗り換えて六本木に到着です。
久しぶりのテレビ朝日。ポスターの撮影とテレ朝ショップで娘の買い物に付き合って終了~。

d0370737_20200128.jpeg

せっかく六本木まで来たんだからと、毛利庭園を眺めてみたり、お店を覗いてみたりしながら、空腹だったことを思い出して早めの夕食を。
お腹が空いていたから、ちょっぴり奮発して飲茶にしました。
2人だったから色々な種類が食べられるように、定番の小籠包、北京ダック、プリプリの海老春巻き、汁そばなどのセットを注文。
娘は追加で蒸しパンを頼んで、何もつけずにパクパク食べていました。
大好きらしいけど、これって単品で売っていないのかな。
d0370737_21121173.jpeg

d0370737_21122505.jpeg

d0370737_21123634.jpeg

d0370737_21115884.jpeg

d0370737_21124884.jpeg

私は密かにザーサイが大好きなので、お茶うけ変わりにこちらもパクパクと。
d0370737_21130067.jpeg

こうして都内ぶらり旅は終了です。
六本木ヒルズからの東京タワーはいつもながら変わらず綺麗でした。
カメラの性能のせいなのか、私の腕のせいなのか、キラキラくっきり撮影できないのが残念です。(>_<)
d0370737_20211912.jpeg

d0370737_20202393.jpeg


[PR]
# by mushroomgirl | 2018-10-28 21:29 | お出かけ | Comments(0)

東京タワー台湾祭2018~水上バスでお台場

秋の3連休のお出かけ。

まず目指したのは台湾祭。
昨年に続いて東京タワー下で台湾祭が開催されると聞いて、屋台ご飯が食べたくなったのです。

とても良い天気、というより31度という10月とは思えない暑さの中、増上寺を通り抜けながら東京タワーを目指します。
青空に赤と白のコントラストが映える東京タワーはとてもフォトジェニックでしたが、とにかく暑い。
台湾祭会場に到着するころには汗だくでクラクラしていました。
d0370737_08005037.jpeg

d0370737_08011375.jpeg

d0370737_08013853.jpeg

d0370737_08021167.jpeg

d0370737_08024024.jpeg

会場に着いてみると、思っていた以上の人。
でも、並んでいたのは入口だけ(人数制限していた模様)で、各お店の行列はそれほどでもありませんでした。
あらかじめチラシで食べたいものをチェックしていたので、お目当てに並びます。
d0370737_08030392.jpeg

まずは台湾の夜市で2回リピートした牛肉麺と牛肉飯。
d0370737_08041317.jpeg

d0370737_08042961.jpeg

それから、とても気になっていた蟹ご飯。
これは蟹のスープで炊いたという香り高い一品。
蟹ご飯の隣と一緒に売っていた鶏スープも気になってお買い上げ。
どちらも優しいお味で美味でした。
d0370737_08031912.jpeg

d0370737_08035803.jpeg

d0370737_08033663.jpeg

もちろんタピオカミルクティも。(2回笑)
最近は家でタピオカを茹でて好きなだけ飲めるようにしていますが、やっぱり外で飲むタピオカミルクティは美味しいです。
d0370737_08044595.jpeg

お腹いっぱいになったあとは、せっかくなので東京タワーに上ってみました。
東京スカイツリーにはまだ一度も上ったことがありませんが、東京タワーは3回目か4回目。
シルエットといい、高さといい、ちょうど良いと思っているので、個人的には東京タワー大好きです。
展望台から望む東京は、訪れる度に高いビルが増えているなぁと思います。
高所が苦手なので、足元はできるだけ見ません笑。
d0370737_08050446.jpeg

d0370737_08052055.jpeg

d0370737_08054372.jpeg

d0370737_08060565.jpeg

ひと通り景色を楽しんだ後、娘に次の行先と行き方を決めさせてみました。
フジテレビを見つけた娘が選んだのは、お台場。
そして、お台場に行くには新橋に戻ってゆりかもめに乗るか、日の出桟橋から水上バスに乗るか、路線バスに乗るかですが、ここで娘が選んだのは水上バス。
小学校の頃、荒川の学習で水上バスに乗ったのがとても楽しかったということで、日の出桟橋までテクテク歩いていくことになりました。

その前に増上寺を参拝。
私の祖父が眠る大分のお寺は浄土宗で、東京だと増上寺が有名ですというお話をお坊さんから聞いたことがあるので、近くを通ったときは参拝するようになりました。
1300年台に建てられたという増上寺、徳川の時代にこの場所に移ってから既に400年以上。
江戸の街を見守ってきたと思うと、なんとも不思議な気持ちになります。
d0370737_08062834.jpeg

d0370737_08073977.jpeg

d0370737_08080895.jpeg
増上寺を後にして、日の出桟橋から水上バスでお台場海浜公園へ。
わずか20分ほどの旅ですが、水上から眺める東京の景色はまた少し違って見えて面白いです。
外国人観光客も多かったので、観光スポットとして結構知られているのでしょうか。
ちょうど夕暮れ時ということで、夕日に照らされるレインボーブリッジやさざ波も綺麗でした。
d0370737_08082604.jpeg

d0370737_08084790.jpeg

d0370737_08090576.jpeg

d0370737_08092069.jpeg

お台場では特にお目当てもなく、しばらくブラブラと散歩して、娘のリクエストで台場一丁目商店街で遊んで、夕食を食べて帰ってきました。
本当はチームラボ・ボーダレスに行ってみたかったのだけれど、ちょっと時間が遅かったのでまた今度。
なんとなくお出かけした気分になるし、夜景も綺麗だし、学生時代からお台場は好きなスポットの一つです。
d0370737_08094001.jpeg

d0370737_08095887.jpeg

d0370737_08103402.jpeg

d0370737_08105073.jpeg

d0370737_08110512.jpeg

d0370737_08101471.jpeg
以上、ちょっとした週末のお出かけ日記でした。


[PR]
# by mushroomgirl | 2018-10-16 23:05 | お出かけ | Comments(0)