人気ブログランキング |

アリゾナ&サンディエゴの旅#4 ~ポイント・ロマ&ミッドウェイ博物館~

San Diego3日目、最終日。
午後にはPhoenixに向けて出発しなければならないので、朝はホェールウォッチングで有名なPoint Lomaへ、その後空母ミッドウェイ号をそのまま残してあるUSS Midway Museumを回ることにしました。
ホテルで朝食を取り、チェックアウトして出発!

Point LomaはSan Diegoの市街地から車で30分ほどの岬の先にあります。
12月~3月はアラスカからクジラが周遊してくるため、沖合ではホェールウォッチングができるとのこと。
岬へと上がっていく途中はNavyの基地になっており、頂上近くのゲートで料金を支払うとPoint Lomaへの駐車場に入れるようになっています。
駐車場のすぐ脇にVisitor centerがあり、この場所の歴史を説明したオブジェなどが並ぶ遊歩道を上っていくと、New Point Loma Lighthouseという古い灯台が見えてきます。
d0370737_12292910.jpeg

d0370737_12283423.jpeg

d0370737_12263084.jpeg

青い空と白い灯台、このコントラストだけでもテンションが上がる光景。
灯台を越えて岬の先端に近づいていくと、今度はクジラのオブジェが。
本当にクジラがいるのだと更にテンションが上がります。
d0370737_16542457.jpg

岬の先からは一面太平洋が展望出来て、空の青と海の青が本当に美しい。
ため息が出ます。
d0370737_16544552.jpg

d0370737_13140261.jpg

設置されている説明ボードに、クジラの生態や周遊ルート、クジラの探し方が細かく書かれていました。
最も見つけやすい方法は、ハート形のブロウ(潮吹き)を探すこと。
ここからだと約1インチほどの大きさで見えるというので、思っていたより大きく見えるようです。
肉眼で、双眼鏡を使って、みんなでひたすら海を眺めてクジラ探し開始。
所々に小さなボートが浮かんでいるので、それが海上のホェールウォッチング船ではないかと目星をつけて、ボートの周辺を念入りに探してみたり。
ホェールウォッチングツアーはほぼ100%見られる保証付き!みたいなうたい文句だったので、ボートあるところにクジラあり、ってね。
でも、自然界はそうそう甘くはありません。
20分経っても、30分経ってもクジラが見える気配はなく、予定していた時間を大幅に超えてしまったところで諦めました・・・。
日本でもクジラがやってくるのは1月、2月がピークのようだし、もしかしたら少し時期が早かったのかな。
残念でしたが、美しい海の景色を見られただけでも良しとしましょう。
Point Lomaを後にしてMidway Museumに向かいます。
実際に使われていた空母Midwayがそのまま博物館になっています。
予想をはるかに超える人。
駐車場の空きを見つけるのもひと苦労なくらい賑わっていました。
チケットブースも行列でしたが、前日にWebで探してディスカウントチケットを購入しておいたのは正解で、列を横目にスムーズに入館できました。
手荷物検査を受けて、艦内に入ります。
d0370737_16575751.jpg

d0370737_16581617.jpg

中に入ると写真撮影、オーディオガイドの無料貸し出しやシアターがあります。
今回はあまり時間がなかったので、この辺りはパスしましたが、オーディオガイドはなかなか充実しているようでした。
入ったフロアには売店やスタバ、ハンバーガー屋さん、プレッツェル屋さんもあります。
ここで、娘たちが戦闘機のフライトシミュレーターに興味を持ち、30分ほど並んで体験しました。一人$8。
外からは中の様子と戦っている様子がモニターで確認できるのですが、娘たちは発進直後から逆さまに落っこちたり、ぐるんぐるん回っていたり、とても攻撃しているようには見えず爆笑でした笑。
d0370737_14182157.jpg

d0370737_13340491.jpeg

次に最上甲板に出ます。
ここは正に戦闘機が離発着するエリア。
広い!の一言に尽きます。
友達の旦那さんはかなりの航空マニアなので、質問すればどんどん解説してくれて、見ていてとても楽しかった。
展示機ではありますが、爆弾がくっついていたりして、結構な迫力がありました。
こんな強そうな装備を持っている国と戦争してはいけないと思いましたね、本気で。
d0370737_16584932.jpg

d0370737_16590630.jpg

d0370737_16592779.jpg

d0370737_16595958.jpg

d0370737_17002886.jpg

d0370737_14344795.jpg

d0370737_16594168.jpg

最後に、第2~第4甲板に降り、各種展示物を見て回りました。
ここにはキッチン、食堂、ランドリー、機関室、居住区、医務室などなど、航海中の各施設や役割が説明されていて、これはこれで面白いです。
ある日のメニューが掲示されていたり、等級によって部屋の広さが違っていたり、礼拝用のチャペルもあります。
私の父は船の機関を専門に学んでいたので、そのあたりも実際に見て興味が湧きました。
d0370737_17004668.jpg

d0370737_17013119.jpg

d0370737_17010972.jpg

d0370737_14355836.jpg

d0370737_17021871.jpg

d0370737_14311924.jpg

d0370737_14335231.jpg

そうそう、Midwayの正面に立っている海兵とナースの像は、昨年の『地球の歩き方』の表紙になっています。
目の前まで行けなかったけれど、撮影スポットのひとつです。
d0370737_14380551.jpg

Midway Museumは当初1,2時間で見所だけぐるっと見て回ればいいかと思っていましたが、混んでいたし、思いがけず気になる展示も多くて、結局3時間以上滞在しました。
オーディオガイドやシアターをしっかり満喫したら、4,5時間はみっちり楽しめると思います。
入館までに時間がかかることも多そうだし、時間に余裕をもってスケジュールを組んだ方がよさそうですね。

Midwayを後にして、海沿いをプラプラと歩き、これにてSan Diegoでの3日間は終了。
気候が良いからか、海に面しているからか、San Diegoはとても気持ちの良い街でした。
UCSD(University of California, San Diego)もありますから、子どもたち(特に高校生のお兄ちゃん)に将来の留学先候補にしてはどう・・・なんて言ってみたり。
UCSDは科学分野、政治経済分野、いずれも強いようです。
d0370737_17023864.jpg

d0370737_17025558.jpg

ここからはPhoenixに向けて再び走ります。
夕暮れまでの数時間は砂漠を眺めたり、風力発電を眺めたり、景色を楽しむことができましたが、日が暮れると闇です。
Highwayには一切照明がなく、周囲も街がない区間が多いですから、前後に車がいなければ本当に月明かりのみ。
帰りはメキシコ国境も見えず、一面広がる星空を眺めていました。
地平線まで星を見られる場所は、日本ではなかなかないですもんね。
携帯がなかった時代はここで故障したら大変だっただろうね、なんていう話をしながら途中Yumaで夕食を取り、約7時間かけて家に帰りました。
d0370737_17064019.jpg

d0370737_14514091.jpg


アメリカ旅行も残すところあと1日。
最終日はArizonaならではの風景に続きます。

by mushroomgirl | 2018-01-03 15:04 | 旅行(海外) | Comments(0)

日常のお出かけや旅行について綴っていきます


by mushroomgirl
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る